アウトソーシングの注意点

物流アウトソーシング活用法

アウトソーシングの注意点

アウトソーシングの注意点 物流アウトソーシングを検討する際にはチェックしておくべき項目があります。
様々な状況での物流の対応、それらの発送のスピード、出荷はないか、流通の対応は良いか、将来も含めて十分な保管スペースの確保はされているかなどがあります。取り扱いの品によってはプレゼントのラッピング対応や包装作業、商品に不具合がないか確認する検査作業なども必要となるケースもあり、またこれらを導入をする場合はその前にこれらに関わる仕事の流れ(業務フロー)を整理することも重要で、怠ってしまうと業務内容が複雑化してしまうことがポイントです。
物流アウトソーシングを行う際の注意点は他企業が業務に介入してくることになるので業秘密や企業ノウハウが流出してしまう可能性がまず挙げられます。よって情報管理を徹底することが必要です。また自社の核となる業務を物流アウトソーシングすると自社が存在理由が揺るぐため本末転倒になる恐れがあるので任せる内容は気をつけなければいけません。

物流アウトソーシングで起こるトラブル

物流アウトソーシングで起こるトラブル 物流アウトソーシングで起こるトラブルには、以下のような物があります。
一つ目は「利用してもあまりメリットがなかった」。これは、自社内において現状で改善すべき点が把握できていなかった場合に起こりがちです。こちらが委託したい業務と、相手が提供できる業務は合っていますか?そもそも、委託する必要はありますか?これらのことを、よく考えてから行うべきです。
二つ目は「思ったよりコストがかかってしまった」。あらかじめコストを計算しておかないと、物流アウトソーシングを利用したのに、却って費用がかかってしまうこともあります。そうならないためには、委託する前と後それぞれのコストをしっかり比較しておく必要があります。
三つ目は「余計な作業が増えてしまった」。業者に任せっきりにしていると、作業フローがこれまで以上にややこしくなったりすることがあります。 業者としっかり打ち合わせをして、こちらの要望を明確にしておくことで、こういうトラブルを防ぐことができます。

新着情報

◎2018/1/30

アウトソーシングの注意点
の情報を更新しました。

◎2017/11/21

物流アウトソーシングとは?
の情報を更新しました。

◎2017/9/21

物流アウトソーシング目的
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

通販ネットショップ向け
の情報を更新しました。

◎2017/4/17

物流アウトソーシングと倉庫管理
の情報を更新しました。

「物流 注意」
に関連するツイート
Twitter