物流アウトソーシングの活用方法

物流アウトソーシング活用法

物流アウトソーシングの活用方法

物流アウトソーシングの活用方法 アウトソーシングというのは企業内部で行っていた業務を外部に委託して業務の効率化、経営の効率化を目的にしたものです。
その中で比較的に多く活用されているのが物流アウトソーシングなのです。
物流アウトソーシングを行うメリットはいくつかありますが、その中でもコスト削減という効果が大きいのです。
物流には人が必要となるということ、そして場所が必要になります。
固定費として抱えなければならないコストが増えてしまうことになるのです。
例えば繁忙期と閑散期があるような企業において、閑散期であっても人と場所を抱えているとコストが高くついてしまいます。
これを物流量に応じて変動費化してコスト削減を行うことができるようになるのです。
またそれ以外にも専門の物流業者が行うためにより効率的に作業を行うことができるようになるというメリットもあります。
このように物流アウトソーシングを活用することのメリットがあるため、課題を明確にして検討を行うことが大切です。

物流アウトソーシングを上手に利用しよう

物流アウトソーシングを上手に利用 何らかの商品を取り扱って流通や売買を行っているビジネスにとって、それらの在庫を上手に管理するスペースを確保するのは非常に大切なことです。
そしてもちろん、在庫を出し入れしたり、届けるべきところにスピーディーに運搬する可動性も重要なもの。
しかしビジネスの拠点となるオフィスを主要都市の中心部に構える一方、これらの広大なスペースを同じ中心部に備えると費用的にもかなりの不利益を被ることになりかねません。
そこで上手に活用したいのが物流アウトソーシングです。
物流アウトソーシングとは、製品や商品の在庫を管理するスペースを月や年単位の使用料を支払うことで貸与してもらうサービスのこと。
自社で土地を構えなくて良い分、テナント料や固定資産税の支払いなどに比べても費用を削減することができます。
また物流アウトソーシングでは在庫管理に加えて、必要な製品や商品を指定するとそれらを目的の場所へ目的の時間に届けてくれる物流サービスも展開しています。
活用することで自ら車を走らせなくても在庫を効率よく移動させることができ、抜群の利便性を獲得できるでしょう。

新着情報

◎2018/1/30

アウトソーシングの注意点
の情報を更新しました。

◎2017/11/21

物流アウトソーシングとは?
の情報を更新しました。

◎2017/9/21

物流アウトソーシング目的
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

通販ネットショップ向け
の情報を更新しました。

◎2017/4/17

物流アウトソーシングと倉庫管理
の情報を更新しました。

「アウトソーシング 企業」
に関連するツイート
Twitter

物流業界の構造変化は、荷主企業の物流一括アウトソーシングを請ける業態である3PL企業の出現がきっかけです。

先進的な物流企業は、自社仕様のWMS(倉庫管理システム)、TMS(輸配送管理システム)などの情報システムをもち、荷主企業が今まで自社で行っていた受発注や在庫管理、輸配送管理などのアウトソーシングを請ける例が増えている。

3PLは荷主企業(1stパーティ)でも物流企業(2ndパーティ)でもない第三者が荷主企業の物流業務のアウトソーシングを包括的に請けるビジネスモデルで、「荷主に対し物流改革を提案し、包括物流業務を受託する業務」と定義される。

business process outsourcing:企業が自社の業務処理(ビジネスプロセス)の一部を、外部の業者にアウトソーシングすること。IT関連用語としてのアウトソーシングは、情報システムの企画・立案から開発、運用管理などの一部または全部を外部委託すること。

Twitterおーじょー@OJO457

返信 リツイート 11:15

アウトソーシング】 技術者を企業に派遣する会社。 自分の仕事ができるという魅力もあるが、実は使えない奴を切り捨てて行く、ろ過装置の様なもの。 類義語)奴隷売買人売り

Twitter†悪魔の就活用語辞典†@shukatsu_akuma

返信 リツイート 10:13

3rd party Logistics、物流業務に加え流通加工なども含めたアウトソーシングサービスを行いまた荷主企業の物流企画も代行する。

返信先:@260yamaguchi 公務員の仕事をアウトソーシングしたらいいのでは?民間企業に移管するだけで適正人員になると思われる。災害発生時の対応についても様々なケースを提案させれば良い案出せる気がする!

返信先:@melfis_ryu そうありたいのであればそうありたいと思った時に学ぶべきっていう意見が前提なんだがなぁ 例えば俺がit企業に就職しようと思ったから専門行って学んだ…みたいな アドバイスについてもその通りで、最近のアウトソーシングってビジネス形態もそれに習ってると思ってる

【安定は自分で】 大企業・公務員 =潰れない「可能性が高い」 零細・個人 =潰れない「可能性が低い」 自身が潰れるかどうかは別。 財務省で徹夜で 体調を崩す人もいる。 個人でマイペースを貫き 働く人もいる。 できることを増やす。掛け算で。 アウトソーシングで。 Keiさんのツイートより↓

Twitter実用地歴提案会ヒストジオ@「イバーランドの県道」県北お試しGF版公開中!@hisutojio

返信 リツイート 昨日 10:53

市場での競争が激化するにつれ、企業はコア業務への注力と経営機能のアウトソーシングを行うようになってきた。それにつれて商取引の経路を「物流」、「金流」、「情報流」にわけて理解する必要がでてきた。